子どものごはんがあるのでお先に失礼します。

バツイチ・アラフィフの育児ブログ。略称「こどめし」。なまあたたかく見守ってやって下さい。

二毛作バツイチ・アラフィフの育児ブログ。略称「こどめし」。生暖かく見守ってやって下さい。  

台湾旅行記という名のオススメ飯(2018年11月編)その4

というわけで四日目は最終日。

最終日はチェックアウトしてから荷物を担いで、ホテルと同じ西門町にある天天利美食坊のうまうまルーロー飯を食しに出動。

www.kevin-son.com

f:id:makoto99:20190318141328j:plain

ここは前回も来て、あまりの美味さに虜になってしまったお店。その時も空港に行く直前に来たのですが、開店直後だったのでガラガラですぐに入れたのです。
ですが今回は少し時間前に行ったにも関わらず(ちなみにHP等では「9時半開店」となっていますが、前回行った時は9時20分ころですでに開店済みでした)、すでに数人並んでいて、我々が並んだ後もどんどん列が伸びて行きました。結局この日は9時半過ぎに開店したのですが、最初の行列が全部入り切れず最初から外で待っている人がいる状態。

f:id:makoto99:20190318141414j:plain開店したばかりなのに、外にもお客さんが並んでいます。

食べるのはもちろん魯肉飯。卵付きと卵無しが選べますが、絶対に卵付き!
目玉焼きはマスト!
絶対卵付き!

f:id:makoto99:20190318141340j:plain
その2で食べた、香満園の魯肉飯も美味しかったけど、個人的にはここの方が好き。何が違うかは美味く言えないけど、こっちの方がより肉っぽい感じ。そしてそんなに脂がギトギトしてなくてちょうど良い。ここが今のところベストだなあ。書いているうちにまた食べたくなってきた。

f:id:makoto99:20190318141353j:plain青菜炒め。

f:id:makoto99:20190318141428j:plain牡蛎入りオムレツ。

サイドオーダーも美味しいけど、天天利美食坊はとにかく魯肉飯。必ず卵付き!
ここ、絶対テストに出ますから!

ウチは二回続けて西門町に泊まったので、帰国直前にここで食べて台北駅に行く、という行程を組んでいましたが、天天利美食坊は月曜休なので、金〜月という旅程を組む場合は注意が必要です。

というわけで、最後にお腹を満たした後は、MRTで桃園空港へ。
スクートで帰国の途につくのであります。

f:id:makoto99:20190318143326j:plain

今回も食べまくりの旅でした。かなり満足の行く感じでしたが、一甲子餐飲のチャーシュー丼が食べられなかったのだけが心残り……次回に期待!

(終)

 

台湾旅行記という名のオススメ飯(2018年11月編)その3

三日目です。

朝食は、前日のメンバーが集まって、以前も行った「世界豆漿大王」へ。

www.taipeinavi.com

割と近くに「世紀豆漿大王」という似たような名前のお店もありまして、こっちも割と有名ですが、個人的には「世界」の方がお気に入り。

f:id:makoto99:20190317172602j:plain

f:id:makoto99:20190317172545j:plain

鹹豆漿。食べたことない人にとっては見た目がアレですが(笑)、ちょっと酸味のあるおいしいスープ(豆乳ベース)です。これに揚げパンを浸して食べるのが美味。

f:id:makoto99:20190317172528j:plain

大根餅と肉まん。

f:id:makoto99:20190317172505j:plain

ここでいったん解散。うちのファミリーは、今回ムスコがとても行きたかった「台北101」へ。

f:id:makoto99:20190317172614j:plain
できた当時は世界一の高さだった、台湾を代表するビル。展望台に行くにはチケットが必要ですが、この日は土曜ということもあって結構込んでました。チケットが時間制なので、買った後もしばらく待ってからの入場となりますので、早めのチケット購入が吉。

待ってる間にロビーで飲んだ、台湾ビールの瓶の生。

f:id:makoto99:20190317173802j:plain

展望台からの眺め。

f:id:makoto99:20190317173815j:plain

これは免震装置。台湾も火山国で地震国ですからね。

f:id:makoto99:20190317173840j:plain

この免震装置を模した、台北101のキャラクター。顔が「101」になってます。

f:id:makoto99:20190317173827j:plain

展望台から降りたところにあるガチャ。お土産にいいのでは。

f:id:makoto99:20190317173854j:plain

台北101を堪能した後、再び全員で合流して昼食。陳陽鵝肉大王へ。

f:id:makoto99:20190317174721j:plain

f:id:makoto99:20190317174904j:plain

忠孝復興站の近くの住宅街にあって、ややわかりにくいです。

www.tabetaiwan.com

f:id:makoto99:20190317174734j:plain

f:id:makoto99:20190317174746j:plain

このお店は今回の大ヒット!
鵝肉飯(小)(アーロウファン)80元

f:id:makoto99:20190317175340j:plainルーロー飯や鶏肉飯とちがって、つゆだくです。たぶん、白菜の煮物の汁ではないかと。ガチョウのお肉もジューシーで激ウマ!超オススメ!

サイドメニューも美味しかったのですが、特にオススメなのが、酔っぱらいシジミ(たぶん)

f:id:makoto99:20190317174812j:plain

そしてナスの煮浸しっぽいの。

f:id:makoto99:20190317174839j:plain

メニューにはないっぽかったんですが「ビールないの?」的なことを聞いたら、しばらくして出してくれました。多分近所から買ってきてくれたんだと思います。

f:id:makoto99:20190317174826j:plainコップもないので、どんぶりでいただきました。いい人だ!!

f:id:makoto99:20190317175353j:plain

注文票はこんな感じ。

f:id:makoto99:20190317174852j:plain

とにかく美味しかったし、親切だし、最高でありました。ちょっと場所がわかりにくいですが、オススメです!
完全にお腹いっぱいだったのですが、前回食べられなかった胡椒餅がどうしても食べたかったので、通りすがりにあるお店で購入。ガチョウ肉の店を出て、大安路を右に曲がってすぐのところです。

f:id:makoto99:20190317174933j:plain

f:id:makoto99:20190317174919j:plain

f:id:makoto99:20190317175007j:plain

f:id:makoto99:20190317174945j:plainここは調べて行ったお店でもなかったのですが、夜ホテルでビールのつまみに食べてなかなか美味しかったです。

続いては、パートナーの人が台北で毎回必ず食す超絶メロンパン、通称「毒メロン」の店へ。

f:id:makoto99:20190317175021j:plain

f:id:makoto99:20190317175038j:plain

f:id:makoto99:20190317175131j:plainふわっふわの焼きたてメロンパンはそれだけでも美味しいのですが、そこにバターをサンドして食べてしまうというスーパーハイカロリー!

f:id:makoto99:20190317175115j:plain

なんと上記のガチョウ肉のお店から徒歩5分以内(東門にもあります)にあるので、これはもうはしごするしかない!

上の写真からわかるように、ムスコがこの辺でダウンしたので解散してホテルで休憩。

夜は初日に行けなかった、激ウマチャーシュー丼に満を持してリベンジ!のはずだったのですが……

f:id:makoto99:20190317175145j:plain
普段は土曜はやっているのですが(日曜休日)、翌日が台湾の総選挙ということでまさかの臨時休業!ショッキング!

というわけで、比較的近くにある牛肉麺のお店へ移動。

f:id:makoto99:20190317175245j:plain

f:id:makoto99:20190317175231j:plain

この富宏牛肉麺は台湾では有名で、ローカルの人でいつも混んでます。24時間営業なのですこし時間を外して行くのも良いかも。

haohaotaiwan.com

f:id:makoto99:20190317175214j:plain

麺は太麺(細麺も選べます)、お肉もたっぷりで食べごたえアリ。濃い色のスープですが、見た目の割にはあっさり系。

f:id:makoto99:20190317175159j:plain写真撮り忘れましたが、テーブルの上にあるオレンジ色の「牛油」を入れるとコクが出て美味しいです。が、やや辛いので入れ過ぎには注意。

この日のデザートは、やはり台湾に来たら一度は食べたいマンゴー、そしてかき氷。

f:id:makoto99:20190317175304j:plainホテルの近くの「ICE PAPA」というお店へ。

f:id:makoto99:20190317175316j:plain

f:id:makoto99:20190317175327j:plain

冬なので、缶詰めのマンゴーだとは思いますが、十分美味しゅうございました。大満足。

台湾旅行記という名のオススメ飯(2018年11月編)その2

二日目です。

この日は朝、パートナーの人が食べたいというメロンパンを買いに行きました。「ぼろパン」という日本語表記の店名です。

koduretaiwan.com

f:id:makoto99:20190317110045j:plain

パートナーの感想は「普通過ぎる」。日本のごく普通のメロンパンっぽいんだそうです。

f:id:makoto99:20190317110141j:plain

この後に出てくる「毒メロン」とは甘さやふかふかさなどの「毒」成分が圧倒的にかけているとのこと。

 

その後台北駅で、この日の早朝便でやってきた佐藤夫妻と合流。この日はあいにくの雨だったこともあり、タクシーで雙連駅へ移動して香萬園(シャンマンユエン)へ。

www.tabetaiwan.com

平日の朝〜お昼まで、しかも割とローカルの人が多い難易度の高いお店ですが、ここの魯肉飯はめちゃ美味!

f:id:makoto99:20190317110214j:plain

目玉焼きものせてみたら最&高!

f:id:makoto99:20190317110313j:plain唯一不満をあげるとすれば、肉の量がやや少なめなことくらい。ご飯はそのままで肉の量だけ倍にしてくれる「特盛り」を作って欲しい!
おかわりしたいくらいでしたが、この先も長いのでぐっとガマン(笑)。

f:id:makoto99:20190317110202j:plain

人数が多いのでお総菜も色々頼んでシェアして大変満足です。昨日からこの日の朝までのモヤモヤが一気に解消(笑)。

 

続いて、ここから歩いて行ける距離の阿川麺線へ。

www.tabetaiwan.com

f:id:makoto99:20190317110324j:plain

我々が以前よく来ていた寧夏夜市のすぐ近くです。
麺線といえば西門にもある「阿宗麺線」が有名ですが、あっちは「がっつり系」、阿川麺線は「上品系」といった感じでしょうか。

f:id:makoto99:20190317110336j:plain

個人的にはこっちの方が好み。この日は牡蛎入りにしたんですが、次回は全入りにチャレンジしたい所存。

f:id:makoto99:20190317110349j:plain

ビールはありませんので持込みです。

 

その後、できたばかりの誠品書店中山店などを攻めた後、パートナーの人が大好きで久しぶりに食べたいというので乾麺のお店「福州老舗」へ。乾麺リベンジ!

shumaiz.blog.fc2.com

f:id:makoto99:20190317110414j:plain

前回は滷肉飯をいただいたので、今回は乾拌麺にしてみました。うまうまであります。干しエビのうま味がもちもち麺とよくあいます。

f:id:makoto99:20190317110651j:plain

パートナーの人の漫画が店内に飾ってあったので、これ書いた人ですよ〜と教えて上げたら大層喜んでいただけ、お土産まで貰っちゃいました。

f:id:makoto99:20190317110427j:plain

 

この後は中山駅地下街にできた「誠品R79」を流して、いったんホテルへ戻り休憩。

夕方に合流してきたアベ夫妻と佐藤さん(朝合流したのとは別の人)と一緒に、前回の台北旅行で一番美味かった「梁記嘉義鶏肉飯」へGO!

f:id:makoto99:20190317110452j:plain

f:id:makoto99:20190317110440j:plain

tripnote.jp

もう本当にここの鶏肉飯は絶品。

f:id:makoto99:20190317110516j:plain

f:id:makoto99:20190317110527j:plain

目玉焼きは別発注ですが、絶対頼んでください。ちょい甘辛いタレと半熟の黄身がベストマッチ!
お総菜も大変うまうまであります。

f:id:makoto99:20190317110503j:plain

持ち込んだビールがどんどんすすみます。

f:id:makoto99:20190317110540j:plain

食後は通化街夜市(臨江街観光夜市)を軽く攻めに。

f:id:makoto99:20190317110552j:plain

www.taipeinavi.com

パートナーの人はうずら卵の焼いたの。

f:id:makoto99:20190317110604j:plain

私は羊串などをいただきました。

f:id:makoto99:20190317110627j:plain

f:id:makoto99:20190317110615j:image

大変満足いたしました。
こうやって並べてみると、めっちゃ食ってますな(笑)。

台湾旅行記という名のオススメ飯(2018年11月編)その1

お友達のご家族から「今度、台湾行くからおいしいお店教えて!」と言われたので、パートナーの人が教えてあげたのですが、よく考えたらそういう記事をまとめてなかったのでまとめてみます。

旅日記を兼ねているので、失敗も込みで。

(初日)

今回は往復スクートで行ったのですが、行きの飛行機が大幅ディレイ。予定より2時間くらい遅れての台北到着となりました。

f:id:makoto99:20190317083535j:plain

まあLCCですから仕方がないですね。 
空港から出て、ホテルにチェックインして、ご飯を食べようとなったのが20時過ぎ。狙っていたのはこのお店だったのですが既に閉店(泣)。

www.freedom7.xyz

というわけで、こちらの乾麺のお店に行ってみました。

www.tabetaiwan.com

 

f:id:makoto99:20190317085802j:plain

麺そのものは美味しいのですが、具も何もなく味付けもほぼされておらず、テーブル上の調味料で味付けするスタイルなのですが、「辛い」と「酸っぱい」しかないので、辛いのも酸っぱいのも苦手なパートナーはいまいちだった模様。

f:id:makoto99:20190317085812j:plain

私は汁麺の方が好きなのでそっちを頼んでみましたがまあまあってところ。汁麺ならもっとおいしいお店があるからなあ。

f:id:makoto99:20190317085806j:plain

 以前食べた乾麺のお店が美味しかったので……という理由だったのですが、うちはもう一回は来ないかなあ、というのが感想でした。

このままじゃ眠れない!ということでデザートに杏仁豆腐を食べに行きました。

gotrip.jp

f:id:makoto99:20190317085817j:plainが、こちらも終了間際で店内では食べられず、テイクアウトのみ。

f:id:makoto99:20190317085828j:plainホテルの部屋で食べました。美味しかったです。

昼間のディレイが原因で、ちょっとトホホな台北初日でした。