読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どものごはんがあるのでお先に失礼します。

バツイチ・アラフィフの育児ブログ。略称「こどめし」。なまあたたかく見守ってやって下さい。

二毛作バツイチ・アラフィフの育児ブログ。略称「こどめし」。生暖かく見守ってやって下さい。  

離乳食作るならマストバイ! ハンディブレンダー

離乳食に挑むお父さんたちに、何をおいてもオススメしたいアイテムがあります。それは……

ハンディブレンダー!

「ブレンダー」という名前ですが、「混ぜる」というよりは「切り刻む」「すりつぶす」の用途で大活躍します。もちろん普段の料理にもいろいろ使えますが、特に離乳食づくりには大活躍する、はずです。

「はず」と書いたのはなぜかと言うと……私はあまり活用しなかったからwです。実はこのハンディブレンダーはパートナーの持ち物でして、離乳食作りを始めた当初、私はそのありがたさをまだあまりわかっていなかったのでした。そのため、一所懸命に手ですりつぶしたり、刻んだり、裏ごししたりしていたわけですが、ハンディブレンダーを使えばあっという間にペースト状になります。(……そんないいモノがあるんなら早く教えてくれよ!)。

私が気づいた時には、もう離乳食中期も終りころくらいだったので、もうペースト状にする必要はなかったのですが、それでも「みじん切り」用途で活躍しました。ただ、みじん切りの「大きさ」を調整するのがやや難しいです。「この刃を使えばちょうど良い大きさになります」的な機能はついていないので、中の様子を見ながら適当なところで止める、くらいしか調節できませんね。

野菜は、さすがにまるのままの状態から切り刻むわけにはいきませんが、このくらいの状態にカットした大根が

f:id:makoto99:20151109112730j:plain

あっという間にこうなります。

f:id:makoto99:20151109112816j:plain

使用上の注意点としては

  • 長い時間連続で使えません(連続で一回一分以内)→ですが、一分あれば充分終わるのでまず問題ないです。
  • 最初に刃が対象物に当たるようにするのにちょっとコツが必要です。上手く文章化するのが難しいので各自研究してください(笑)。
  • できあがったものを取り出すときに、容器にこびりついて出てこないことがあるので、小さいゴムへらを用意するといいです。こういうの。

私は100均で似たようなのを買いました。

 

というわけで、次回はこのハンディブレンダーが大活躍します。